月曜日 火曜日 水・金曜日 木曜日 第2・4土曜日
橋口先生写真c.jpg

岡田先生写真c.jpg Dr.清水
橋口 亮 陳 暢宏 岡田 研吉 古賀 実芳 清水 雅行

月曜日 担当

漢方内科 漢方婦人科
漢方皮膚科 保険診療

火曜日 担当

漢方一般
保険診療

水・金曜日 担当

漢方一般
保険診療

木曜日 担当

漢方一般
保険診療

第2・4土曜日 担当

漢方内科 がん治療 

 

 東邦大学医療センター大森病院

 東洋医学科ホームページへ

 (薬膳教室のご案内)

 2016年1月19日より

 診療開始しました

 

 

月の第1週めは休診です

 

婦人科領域では、女性のメンタル不調を特に診療しています。
更年期障害。更年期のうつ病、不安障害。
月経前症候群の精神症状を含む諸症状。
妊婦の皮膚症状。授乳期の諸症状。

不眠症。
産褥期のうつ病。
月経不順、月経痛など、月経に絡む症状。
その他、冷え症、多汗症、脱毛症、アトピー性皮膚炎、慢性蕁麻疹など。

現在、東邦大学東洋医学科客員講師 (第1・3木曜に外来)
日本東洋医学会 指導医
緑蔭診療所(神奈川県南足柄市)所長
NHKカルチャーセンター 薬膳学の講師

1996年、香川医科大学(現・香川大学医学部)卒業。

麻酔科、外科、形成外科を経て、中国広州の曁南大学に留学。

2006年、同大学医学院中西医結合臨床専業碩士課程卒業。

日本中医学会会員

1972年、東邦大学医学部卒業。
ドイツ・リューベック医科大学留学中に、 東洋医学を志す。

帰国後、名古屋聖霊病院・藤枝市立病院に勤務する傍ら、 国立東静病院で漢方療法を学ぶ。

1982年に北京中医学院(現・北京中医薬大学)に1年間留学。

東京・玉川学園で岡田医院を開業。

『素問次注集疏(上・下)』
『傷寒論考注(上・下)』
(学苑出版社)校点出版
『宋以前傷寒論考』著

検査には表れない、患者さんの「つらい」という症状を、何とか軽くして差し上げることはできないか、と悩んでいるときに漢方と出会いました。

漢方は、西洋医学とは異なる理論体系を持った医学です。ですから、一緒に使う意義があります。
漢方は、自然界や社会から先人達が学んだ英知がつまっています。そして現在も日々進歩している学問なのです。
漢方を利用して、健康を、笑顔を取り戻し、しなやかな心身を保ちましょう。

実は、私も漢方薬を毎日飲んでいます。長年悩んでいた頭痛や、アレルギー、アトピーから開放され、快適な更年期を過ごせています。

漢方には【未病】(病気の前段階で予防する)という考えがあります。体調がすぐれないと思ったら気軽に相談してください。

また西洋医学で難病といわれる病気に対しても、症状の軽減や治療を促進する効果がありますので、漢方治療を取り入れることをおすすめします。

仙台市若林区・清水内科外科医院および附属中国医学研究所 院長

 

  研医会診療所 漢方科 担当表        詳しい時間は下の表をご覧ください。
 
午前 橋口 古賀
午後 岡田 岡田 清水

 

*夏季休診 8月11日(木)~16日(火) です。

 

曜日 開始時刻 終了時刻
月曜日 (橋口) 10:30 13:30
火曜日  (陳) 9:30 13:00
15:00 18:00
水曜日 (岡田) 14:30 18:30

木曜日 (古賀)

(月の第1週めはお休みです)

10:00 13:00
金曜日 (岡田) 15:30 18:30
第2・4土曜日 (清水) 15:30 18:00